転職サイトと転職エージェント

転職サイトの選び方について詳しく解説します。

「転職をしたい」そう思ったケースでは、一番初めは転職サイトを覗いてみるという人も多いだろうと推測されます。

しかし、一括りにして転職サイトと言ったところで、「地名 転職」とサーチしてみると転職サイトが沢山ならんでいます。
さしあたって検索結果の上位からピックアップしてみるのも問題ないのですが、転職サイト選びで思い悩んでしまう方もいるでしょう。

そこで今回に関しては、あなた自身にフィットする転職サイトのセレクト方法をご案内させていただきます。お望み通りの会社に巡りあうために、転職サイトもあなた自身に合ったものをセレクトしてください。

転職サイト選びが大切な理由

「どちらの転職サイトもそれほどまで変わらないのでは?」と考えている方もいるかもしれないですが、そんなことはないです。

ひとつの例として飲食店専門など、得意分野を持つサイトは見られますし、自分自身でリサーチして仕事探しをするサイトから、担当者が付いてサポートしてくれるサイトまで、利用者に対するアシスト体制もいろいろあるのです。

わかりやすく言うと、自分自身の性格や気にかかる職種などに合わせて転職サイトを選択することで、よりイージーかつ円滑に転職活動を行なうことができ、条件の合う企業もさがしやすくなります。

転職サイトの種類

自分の条件に合う転職サイトを選ぶ前に、一番初めはどのような種類の転職サイトがあるのかをチェックしてみておきましょう。

この記事では、いっぱい存在する転職サイトを大きく4つのカテゴリーに分けてご案内させていただきます。

定番サイト

大手企業がマネージメントする総合型
職種や業種とは関係なく多種多様な求人がある
認知度が高く求人数が多くある
自分自身で求人を絞り込みセレクトして応募するタイプが多くある

エージェント

転職のプロ(エージェント)があなた自身に合った求人をセレクトしてくれる
面接日程などといった調整もエージェント経由で可能
応募書類の添削や面接対策にもエージェントが対応可能
年収やスキルの関係によりエージェントの利用がハードルが高すぎる場合がある

ハイキャリア

利用にはそれなりの実力や経験が必要
ほとんど未公開求人
求人の量より質が重要視される
キャリア形成に関する話や提案をしてくれることもある

応募のハードルが低い

転職・仕事に実効性がある人脈を得ることも出来る
プロフィールページに客観性や裏付け(知人の意見)を反映可能である

専門職種系

医療や介護・美容などといった業種や職種に的を絞っている
大手サイトでは埋もれてしまう可能性が高い中小企業が発見できることもある
専門分野に限定した転職用コンテンツなどが充実
業界に長けたキャリアアドバイザーがいるケースもある

それぞれの特徴をチェックしたら、直ぐあなた自身に合った転職サイトの選び方についてチェックしていきましょう。

あなたにフィットする転職サイトを選択するポイント

今回のテーマであるあなた自身に合った転職サイトを選ぶためには、あなた自身で転職でどういう点を実現させたいのかという主軸をはっきりさせる必要があります。

そのために力を発揮してくれるのが、自己分析になります。自分の性格は勿論、仕事面でのスキル、今後どういった仕事をしていきたいのかを開始するにあたり考えておくことで、相性の良い転職サイトをセレクトしやすくなります。

自己分析で自分の希望を明確にしたら、そのあとはそれぞれのサイトの特徴をリサーチしていきます。

転職サイトのチェックポイント

  • 求人数
  • 得意分野(※求人の多い職種や実績等)
  • サポート体制
  • 特典(※採用された時の特典)

求人数につきましては、サイトによって大きく異なっています。豊富であれば良いというわけではなく、量より求人の質にプライオリティを置いているサイトもあるので、サイトを選択する際のベースにしましょう。

あまたある転職サイトの中では、業種や収入、大手企業など、得意分野を持つサイトなども見受けられます。
ここがミスマッチでは、あなた自身に合った求人を見つけにくいので、開始するにあたり登録するサイトの特徴をチェックしてみておきましょう。

また、エージェントサービスやハイキャリア系求人サイトだけじゃなく、求職者が応募した企業に内定をもらえるようサポートをしているサイトも見られます。

周囲に相談しにくい転職だからこそ、一人だけでは気掛かりな方は、アドバイザーなどがサポートを行ってくれるサイトを使ってみたりすることも賢明でしょう。

そして、このところ増えているのがお祝いにお金を貰えるサイトになります。同じ会社に入社可能なら、経済的にメリットがあるサイトをセレクトしてみるというのも一つの手段でしょう。

転職サイトを効果的に利用する方法

こちらでは転職サイトを効果的に活用する方法として、2つのポイントに注目しました。

いくつもの転職サイトを利用する

転職サイトはそれぞれで特徴があり、オリジナルなサービスがあります。

複数の転職サイトに登録することで、当該の特徴を活かした部分や独自のサービスが利用できるので、転職者には大きなメリットにつながります。スカウト通知が数多くて手間が掛かる場合は、設定で拒否できるので、さしあたっていろいろな転職サイトに登録してみるのもいいと思います。

転職エージェントとの併用もおすすめ

転職エージェントと同時に使うことで、より一層要領よく転職活動が進められます。

転職サイトで見通しをつけ、気にかかった求人を転職エージェントに相談し、エージェントの推薦状つきで応募するといったプロセスで、書類選考の通過率が大きく異なります。

会社によっては学歴や転職フィルター掛けているところもあるので、あんまり知られていない中小企業や転職頻度の高い方などは、転職エージェントとの併用をおすすめしたいと思います。

-転職サイトと転職エージェント

© 2021 まきぶろ Powered by AFFINGER5