転職ノウハウ

30代の転職で気をつけるべきこと。

30代になって転職する時に必要なこと

30代を迎えて転職を考える時に気を付けなければならない点は何なのでしょうか。

少なからずの人が、30代での転職を経験しています。社会経験のない大学時代に選んだ職種に飽き足らなくなってしまった人も多いことでしょう。

20代の頃は社会のこともあまり知らなくて、だた仕事に打ち込んできた人も、30代になってふと自分を見つめなおすこともあります。今までの経験に基づいて、大きく違う仕事について、新しい一歩を踏み出したいという人もいます。

今までと違った生き方をしたいという時に転職をする人が多いですが、30代は転職に適した年代です。社会人としての経験もあり、若さも吸収力も十分な30代のうちに別の分野に意欲を持つ事は得策です。

ただし、30代の転職活動は、そうそう思い通りの展開になる保証はどこにもありません。中途採用者に対しては、採用する企業側も即戦力となる人材を求めているからです。半年でさらに転職を考えないといけなくなる場合もあります。

転職活動をする上で重要なのは、新しい会社に対してどんなメリットをもたらすことができるのかという点です。効果的な自己PRをすることで、30代からの転職活動は成功の道が開けてきます。

新卒採用とは異なり、30代で転職をする時には、会社に対して自分のどんな部分を売り込むべきなのかを考えることが大事です。

30代の人が転職をする時には

今まで、どんな経験を積んできたのかが、30代の転職では大事になります。

若いうちの転職と30代以降の転職は、どちらが有利とは一概に言えません。今すぐに第一線で活躍してもらうための人材を雇用したいという企業なら、30代の働き盛りを、率先して採用するでしょう。ただし半年で転職となる場合30代だとリスクとなり得ます。

人生の中でも30代は、一番仕事のできる時期でもあるので、30代というご自身の年齢を気にされる必要はありません。転職活動を開始する時には、過去の自分の棚卸しをすることが大事です。

転職活動をする前に自分の過去を総ざらいして、有利に働きそうな部分を探します。現在に至るまで、どんな仕事をして、どういう経験を積んできたかを見直すことで、今後なりたい仕事に役立つものはないかがわかります。

職務経歴をまとめる前に今まで自分が積み上げてきたことを、まとめてみるといいでしょう。自分の職歴や経験をまとめることで、採用面接を受ける時でも、会社に対してどういった貢献ができる人材かをアピールすることが可能になります。

やりたい仕事とやれる仕事が異なることも良くありますが、30代の転職となると新卒の時と比べて、選択肢が広くないもの事実です。希望に沿った仕事ができる転職先が見つかることが望ましいですが、期待どおりの結果にならないこともあります。半年で転職となる場合もあるでしょう。

転職を30代でするつもりなら、過去の自分の経歴を見直して、どんな業種なら採用の見込みが高いかも検討する必要があります。

30代の転職の注意点

30代で転職をする場合には20代や学生とは違い気を付けなければならないことがあります。

30代の社員を必要としている会社は、既に社会人として必要な経験や常識を持っていることを前提としています。社会人として当たり前の感覚は既に持っている人物であることは、30代の転職活動では必須要素といえるでしょう。

曖昧な態度やごまかしは、百戦練磨の採用担当者の目をもってすれば、すぐに見抜かれてしまうでしょう。服装や装飾品、道具類についても、30代の転職では気をつけなければいけません。

普段から来ているサイズ違いのスーツや裾がよれよれのズボンのままで面接に行くことがないように服装の確認は事前にしっかりしておくことが大事です。30代として些細なマナー違反をすることがないように面接の前にはマナーの復習もしておいたほうが良いでしょう。

中途採用者の採用面接では、相手が30代の場合は時世に関する話も出てくることがあるようです。30代の人なら、政治経済に関する話題で話せなければ恥ずかしいでしょう。世の中のできごとを常に追いかけていけるように新聞などを読むようにしておきましょう。

やる気と意気込みだけでは、30代の転職は成功しないでしょう。30代で転職をするからには、社会人相応のマナーや一般常識を持っており、かつ、年齢に見合ったスキルや実績を持っていることが大事です。

人によって異なる転職のきっかけになる理由

自分が入社した会社に対して何の不満もなく、ストレスフリーで仕事をしている人はいるでしょうか。

いまの仕事が大好きで仕方がない人、天職に就いていると思える人は極めて少ないことでしょう。皆それぞれ、仕事に対してなんらかの不満を持っていることの方が多いはずです。

長年の不満を心の中にずっと持っていて、いつかは転職をしたいと思いながらも、今の仕事を継続しているという人もいるでしょう。決定的な転職を決意するきっかけとなるのは、どんな理由があるのでしょうか。

何が転職のきっかけになるかは、年齢や性別によっても差があります。例えば30代の男性なら、就職して10年をすぎた頃になると仕事が画一化されてきて自分の成長も見込めないので、もっとチャレンジできる職場環境へ転職したいと考えるのが大きなきっかけとなるようです。

また20代は、単に自分が希望していた会社ではないので、モチベーションが維持できないというのが転職のきっかけになっていることが多いようです。また給与面も転職を考える主な原因の一つであり、給与がなかなかアップしないという場合には年々不満が募っていきます。

働き続けることに対する迷いなども生まれてきますので、気持ちの上でも仕事が継続できなくなってしまいます。このように転職のきっかけは、一つだけの時もありますし複数の不満が重なっている場合もあります。

今の仕事に不満や問題を感じるようになったら、まずはその状況を客観的に検討しましょう。転職は最後の選択肢にしたいものです。

-転職ノウハウ

© 2021 まきぶろ Powered by AFFINGER5