転職ノウハウ

仕事の適性がない、分からないと言う人へ

仕事の適性とは

自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択することは、非常に大事なことといえます。

コミュニケーションスキルが高い人は、販売職や営業の仕事に適性があります。

他人と会話をすることが得意ではなく、話そうとすると緊張してしまうという人は、営業の適性は乏しいでしょう。言うまでもなく、適性以外でも仕事を選択する基準はありますが、考慮の一つにはなります。

適性を第一に考えて仕事を決めるという方法は、必ずしも正しいものではないようです。

適性試験をして、自分にどんな仕事があっているか確認しなさいと大学の指導で言われることがあります。しかし、適性検査で出た結果をうのみにして仕事を選ぶことが、正しい選択とは限りません。

適性検査を受けて、経理に関係する仕事に適性があると言われたといます。しかし、自分としては経理はそもそも興味がないし、数字をどうこうする作業はしたくないという人もいます。

もしも適性がある分野が指定されても、それ以外の職種がいいと思うなら、後の判断は自分次第です。適性があるなら試してみたいと考えることそのものはいいことでしょう。

適性検査の結果には、必ずしも従わなければならないというものはなく、仕事は自分の判断で選ぶようにすることが重要です。

仕事の適性とやりがいについて

自分はどんな仕事に適性があるかを知ることで、仕事を楽しくできるようになります。人生経験がまだ浅い人の中には、自分自身の仕事の適性が見えていないという人も少なくありません。自分にはどういった仕事の適性があるかを把握した上で、仕事探しをするようにしましょう。

適性テストを受けて、仕事の適性を知るのもいい方法です。自分を客観的に見ることができますし、意外な一面を発見するきっかけになるかもしれません。仕事と結びつくような気がしなかった事柄が、自分の適性につながっていることもあります。

好きなだけでやってきたことが、いきなり仕事のベースになるということは、まずありえない話ともいえるでしょう。とはいえ、自分がやりたいことを仕事の基盤にすることで、仕事への意欲を高めることができます。

場合によっては、ちょうど折り合いのつきやすそうな仕事があったからと適性とは無関係に仕事につくこともあります。一般的な観点から見て条件のいい仕事だったとしても、適性と大きく外れていると苦労することがあります。

自分に合わない仕事に就いて、無理して頑張ろうとすればするほど心身に悪影響を与えてしまいます。やりがいを感じられる仕事をして、充実した人生を過ごすためには、適性の合う仕事を見つけることが重要になります。

仕事の適性診断の種類

仕事の適性を測る方法には、様々なものが作られています。

適性判断には色々なバリエーションがあり、選択肢式の問いが続くものや好みの項目を選択するものなどが定番です。正しい結果を得るためには、考え込みすぎずパッと決めることです。

適性診断を受ける事により自分の適職が分かるだけでなく、性格や志向の特徴等も分かります。改めて自己分析をするきっかけにもなりますので、仕事に行き詰まり感がある方などは受けてみてはどうでしょう。

特に現在の仕事について問題を抱えていなくても、適性診断の結果には誤答や正答があるわけではありませんので、チャレンジしてみてもいいでしょう。結果をよく理解し自己分析する事で自分の進む道が分かり、仕事も良い方向に向かうことも考えられます。

ネット上では、求人情報や転職ガイダンスのサイトで適性診断が費用をかけずにできるようなところが色々あります。ゲーム感覚やページ閲覧の延長線上でできるような診断もありますので、短時間で気軽に結果を出してもらうことができます。

適性診断は、人物をデータで客観的に分析する事が出来るので、企業側にも大きなメリットがあります。どんなジャンルに適性がある人物か、どんなことに関心が強いのか、適性診断である程度の目星がつきます。適性に関する知識は、仕事前も仕事中も大いに指針になりえるものです。

ネットの求人情報で仕事を探すとき

仕事情報をインターネットの求人サイトを利用して探すとどんな利点があるのでしょうか。

効率よくたくさんの情報量の中から情報を検索機能によって集めることが可能となっています。パソコンやスマートフォンがあれば、いつでも気軽に日本中の会社の求人情報を入手する事ができるのは、インターネットが広まったことで、求人サイトを利用する会社もどんどん多くなってきているからです。

ネットの求人サイトであれば、応募してみたい仕事があればすぐに実行できます。非常に使い勝手の良い機能として、求人サイトの中にはスカウトというシステムがあるものも増加しています。

スカウトという仕組みは、求人サイトに履歴書や職務経歴書を登録しておくことで、求人をしている会社の担当者がいつでもチェックできるというものです。スカウトのシステムでは、会社が求めている人材、面接してみたいと思う人材が見つかれば、ダイレクトにその人に連絡を取ることができることになっています。

これまでの応募してきた人の中から採用するのでは無く、反対に会社からアプローチできる仕組みは、会社側も効率よく選考を進行できるというメリットがあります。スカウトのシステムを活用する会社も、毎年のように増えているそうです。仕事情報の掲載やスカウトシステムを求人サイトで利用するには経費がかかるので、地方の中小企業は少ないようで、実際に活用している会社の多くは上場企業などの比較的規模の大きなところだといいます。

自分の家の近くで仕事情報を探しているのであれば、おすすなのはハローワークの求人情報です。中小企業はもちろんのこと個人事業主も求人を出すことができるので、地域に根差した数多くの仕事情報を探すことが、無料で利用できる公共機関であるハローワークではできるといいます。

-転職ノウハウ

© 2021 まきぶろ Powered by AFFINGER5